要求とは?要件とは?何が違うの?

こんにちは!ゆたうさぎです!

みなさん、要求と要件の違いわかりますか?

仕事でよく使うけどわかりにくに2つの言葉の意味を解説してみたいと思います!

要求と要件の違い

要求とは「〜がしたい」というやりたいこと、思い。

要求とは「〜がしたい」というやりたいこと、思いです。

要求は思いなので、抽象度が高く、カタチがありません。

そのため、漠然としていて曖昧であることも多いです。

要求を実現するためには、なぜやりたいのか?何を成し遂げたいのか?という背景と目的を明確にすることが大切です。

要件とは「〜ができること」と、何ができるべきかを特定したもの。

要件とは「〜ができること」と、何ができるべきかを特定したものです

「〜がしたい」という要求に対し、何ができれば実現できるのか?を決めたものが要件です。

要件は抽象度が低く、要求がカタチを持ったものと言えます。

おまけ

作業とは「その機能をどうやって実現する」という行動レベルにまで落とし込んだもの。

ついでに作業についても説明します!

「〜がしたい」という要求を実現するために、「こういう機能で実現する」と要件を決めます。

しかし、要件は実行できません。

そのため、要件を実行できるように「作業」に落とし込みます。

作業とは「その機能をどうやって実現する」という行動レベルにまで落とし込んだものです。

作業は抽象度がとても低く、具体的です。

要求 > 要件 > 作業 と落とし込み、作業は担当者に割り振られます。

そして、担当者が設計やコーディングといった具体的な行動を実行し、その成果物でもって、要求を実現していきます。

まとめ

  • 要求とは「〜がしたい」というやりたいこと、思いです。
  • 要件とは「〜ができること」と、何ができるべきかを特定したものです。

2つの言葉の違い、なんとなくイメージできたでしょうか?

仕事で使う場面も多いと思いますので、言葉の意味の違いを意識して使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA